ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

尾上右近の歌舞伎界の二刀流とは?

投稿日:

Advertisements

スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」の舞台事故で左腕骨折の重傷を負った市川猿之助(41)さんの代役を急遽務めることになったのが、若手注目の歌舞伎俳優・尾上右近(25)さんです。

市川猿之助さんが病床から出したコメントの

「僕がいない穴は若手たちがしっかりと埋めてくれます。安心して劇場へお越しください」

という行間には、確かな根拠があってのものでした。実は、市川猿之助さんが松竹上層部に直談判して決まった若手抜擢の特別マチネ「麦わらの挑戦」が、並行して上演されています。尾上右近さんは今月8日に、市川猿之助さん演じるルフィとハンコック役を「一挑戦」でお披露目し評判も良かったというのです。

今大注目の尾上右近さんについて調べてみました。

尾上右近プロフィール

  • 屋号:音羽屋
  • 生年月日:1992年5月28日(25歳)
  • 本名:岡村研佑(おかむらけんすけ)
  • 出身地:東京都
  • 主な家族:祖父(六代目延寿太夫 鶴田浩二) 父 七代目延寿太夫 兄 清元昴洋

華麗な家系図

尾上右近略歴

1992年(平成4年) – 5月28日、清元宗家七代目清元延寿太夫の次男として誕生しました。曽祖父は六代目尾上菊五郎さん。父の従兄弟に十八代目中村勘三郎さん。母方の祖父は昭和を代表する映画スター鶴田浩二さん。

2000年(平成12年) – 4月、歌舞伎 十七代目中村勘三郎十三回忌追善四月大歌舞伎 『舞鶴雪月花』の松虫で岡村研佑として初舞台を踏みました。

2005年(平成17年) – 1月、七代目尾上菊五郎さんの部屋子となります

2005年(平成17年) – 1月、新橋演舞場 『人情囃文七元結』の長兵衛娘お久、『喜撰』の所化で二代目尾上右近を襲名しました。

2014年(平成26年) – 11月、名題適任証取得しました

2015年(平成27年) – 8月、国立劇場第1回自主公演「研の會」を主宰しました。

歌舞伎界の二刀流

実は、尾上右近さんは来年2月に、江戸浄瑠璃清元家元の父(清元延寿太夫)さんの前名、清元栄寿太夫を襲名することになっています。清元とは、三味線音楽の一流派で、高音で歌う技巧的な発声が特徴です。

あまり例のない歌舞伎俳優と二刀流の道を歩むことになります。

また、元々踊りに定評があり、女方を中心に立ち役も勤めます。清元節宗家の家に生まれながら、幼少の頃、名優と謳われた曾祖父の映像『春興鏡獅子』に魅せられ、役者を志望したといわれています。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E4%B8%8A%E5%8F%B3%E8%BF%91_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

研の會への思い

今年8月27日(日)・28日(月)、国立劇場小劇場で、尾上右近さんの自主公演「第三回 研の會」が開かれました。

3年続けて3回目の「研の會」になりました。第一回終了後、相変わらず本興行で四苦八苦する自分がいて、

「何も変わらないとがっかりしていましたが、2回目が終わり、今年に入ってからどんなお役も、自分を少し客観的に見る余裕が出てきました」

と、自主公演の手応えも感じはじめての第三回になりました。

「ひとえに、菊五郎のおじ様のお許し、諸先輩方のご理解、ご協力、ご指導があってのこと」

と深く感謝し、今年は何をやるのと聞かれるようになったのがうれしいと、笑顔を見せました。

「内面的なところと、若さを出すことが第一で、心境の移り変わりを心理劇としてお見せできれば」

と語り、やりたいものばかりでなく、苦手なことにあえて挑戦していくことも、自分の会だからこそと意気込みを見せました。

「娘役を勉強させていただきたい」と今回挑んだのは「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」と、長唄舞踊の「羽根の禿(かむろ)」「供奴(ともやっこ)」になりました。特に「矢口渡」のお舟は、「ここまでの大役はない」と気合が入る演目でした。

また、自主公演の準備の大変さは変わらず、片岡市蔵さん、尾上松也さん、澤村國矢さん、市川蔦之助さんの出演を「本当にありがたい」と感謝する言葉にも実感がこもっていました。「手づくり感を大切に」と、チラシの題字やデザインに思いを込め、3役のスチール撮影だけで「5時間弱かかって」本番を思うと押しつぶされそうになる自分もいながら、「悔しさが会を続けるモチベーションになる」という尾上右近さん。目標の10回開催に向けてこの8月、第三回の幕を無事下ろしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

尾上右近さんは歌舞伎と清元の二刀流ということで異色の存在です。

今回、市川猿之助さんの代役を急遽務めることとなり、一躍有名になったのは間違いありません。

今後の尾上右近さんの活躍に注目です。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若貴兄弟の不仲の原因とは?貴乃花親方は藤田紀子とも絶縁関係。

元横綱若乃花でタレントの花田虎上(はなだ・まさる)さんが26日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「怪傑えみちゃんねる」に出演しました。最近、絶縁状態となっている弟・貴乃花親方と16年ぶりに会ったこと …

タレントの菊池桃子が話さなかった離婚原因の真相がヒドイ!

タレントの菊池桃子(49)さんが3日、ブログを更新し、自身へのストーカー行為で元タクシー運転手の男(56)が3月31日に現行犯逮捕されたことを受け、経緯と心境をつづりました。 そんな菊池桃子さんの離婚 …

食育インストタクターの和田明日香と平野レミの嫁姑問題とは?

10日、都内で「第11回ベストマザー賞授賞式」(ニベア特別協賛)が行われ、個性派料理研究家・平野レミ氏(71)の義娘で元ミス立教の食育インストラクター・和田明日香さん(31)が、文化部門賞を受賞しまし …

元祖スキャンダル女王の歌手の松田聖子と娘の沙也加との確執の原因は?

歌手・松田聖子(56)。あまたのスキャンダルで世間を騒がせてきたが、最近では母・一子さん(86)、そして愛娘・沙也加(31)さんとのスキャンダルが取り沙汰されています。 そんな松田聖子さんと娘の沙也加 …

麻木久仁子の不倫騒動とは~世間から嫌われた不倫騒動~

乳がんの治療を開始して5年たち、区切りの検査を二つ受けてきました。マンモグラフィーの結果は、後日、主治医から説明してもらうことになりますが、超音波の方は横目で見ていても異常はなさそうで、お先に一安心し …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク