ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

芸能

結婚と妊娠を発表した女優の相楽樹!石井裕也監督の結婚が批判される理由とは?

投稿日:

Advertisements

女優の相楽樹さんが、夫の石井裕也監督がメガホンをとるメ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』(テレビ朝日系で9月22日放送、後10:15~深0:08)に出演することがわかりました。相楽樹さんは、今年6月に結婚と年内に出産予定であることを発表しています。

そんな相楽樹さんと石井裕也監督の結婚が批判される理由について調べてみました。

相楽樹プロフィール

  • 本名:非公開
  • 生年月日:1995年3月4日(23歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:162cm
  • 血液型:O型
  • 職業:女優
  • 配偶者:石井裕也(2018-)
  • 所属事務所:イトーカンパニー

相楽樹略歴

2009年、中学3年生の夏休みに竹下通りでスカウトされ、イトーカンパニーに所属する。

2010年、本格的に芸能活動を開始。7月に『熱海の捜査官』で女優デビュー。12月14日に1st写真集『はじめてのスキ』を発売。

2016年度前期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で高畑充希演じるヒロインの妹役を演じて、「昭和顔」の女優などとして注目を集める

2017年3月には『こんにちは、女優の相楽樹です。』(テレビ東京)にて本人役を演じてテレビドラマ初主演

私生活では、共通の知人を介して知り合い交際に発展した映画監督の石井裕也と、2018年春に婚姻届を提出し結婚。同年6月21日に所属事務所ならびに自身のブログを通じて発表した。同年内に第1子の出産を予定し、仕事を制限して「家庭づくりに専念」するとしている。

2歳下の弟と、5歳下の妹がいる。中学時代はバスケットボール部に所属し、高校では軽音楽部に所属。ギターのレッスンにも通っている。本人曰く「何事にもやりたくなったらすぐやる性格」とのこと

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%A5%BD%E6%A8%B9

相楽樹が旦那が演出するドラマに出演!

同ドラマは、妻夫木聡さん井上真央さんが演じる加山聡・光恵夫妻の2歳の息子がある事故に巻き込まれ、新聞記者の父親が原因の真相を追う、というストーリーです。突き止めたのは「誰にでも心当たりのある」小さな罪の連鎖でした。そんな「小さな罪」を犯した、どこにでもいる「平凡な人」たちを演じるキャストも発表されました。

街路樹の診断をする足達道洋役に萩原聖人さん、その上司である石橋忠行役に鶴見辰吾さん、アルバイト当直医の久米川治昭役に三浦貴大さん、街路樹の管理をする市役所職員・小林麟太郎役に芹澤興人さん、その上司である上村育夫役に光石研さん、街路樹伐採の反対運動を起こす粕谷静江役に筒井真理子さん、田丸ハナ役に梅沢昌代さん、愛犬のフンを腰が痛いからという理由で始末しない老人・三隅幸造役に田山涼成さん。

聡の上司で東都新聞社のデスク・海老沢一也役に北村有起哉さん、そして後輩記者・大塚かなえ役を相楽樹さんが演じます。

複雑に絡み合ったエゴイズムの果てに起こった悲劇。決して法では裁けない「殺人」に、残された家族は沈黙するほかないのか。追い込まれた父親と母親は、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていきます。現代の日本社会の問題を、斬新な切り口で、背筋が凍るほどリアルに、そして真正面から暴き出す、社会派ミステリーエンターテインメントです。数々のドラマや映画で活躍する俳優たちの演技合戦にも期待が高まっています。

そんな話題のドラマを演出しているのが相楽樹さんの旦那さんの石井裕也氏です。お2人の馴れ初めはどういう状況だったのでしょうか?

相楽樹と石井裕也監督の馴れ初めとは?

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインの妹や「コウノドリ」四宮の妹を演じた女優の相楽樹さんが、映画監督の石井裕也さんと結婚していたと今年6月に発表されました。

相楽樹さんはすでに妊娠もされてるようで、年内にはご出産の予定ということです。そんな相楽樹さんのお相手である石井裕也監督ですが、どんな方なのでしょうか?

石井裕也プロフィール

  • 生年月日:1983年6月21日(35歳)
  • 出身地:埼玉県浦和市
  • 職業:映画監督
  • 配偶者:満島ひかり(2010-2016) 相楽樹(2018-)
  • 所属事務所:ブレス・チャベス事業部

石井裕也略歴

映画監督になろうと決めたのは高校生のときで、幼い頃から生と死に対する意識を強く感じており、自分にとって生きている事への実感に行きついたのが映画を撮る事だった。大阪芸術大学進学後は映画制作のためにひたすらバイトで制作資金を稼ぎ、映画を作り続けた

2005年『剥き出しにっぽん』を大阪芸術大学の卒業制作として監督、第24回そつせい祭グランプリを受賞し、その後2007年、第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいてもグランプリを受賞

2008年に行われた第37回ロッテルダム国際映画祭では『剥き出しにっぽん』を始め、京都国際学生映画祭やTAMAシネマフォーラム、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にノミネートされた低予算映画『反逆次郎の恋』、大阪市より助成金が給付され制作された2007年の映画『ガール・スパークス』、そして『ばけもの模様』の計4作品が選出され、特集上映された。国際舞台のみならず日本でもほとんど名を知られていない新人監督の自主制作映画が特集上映されるという異例の待遇を受け、開催期間中はその前評判から各上映のチケットが完売となり約4000人を動員した。 その後、続けて第32回香港国際映画祭においても長編4作品が特集上映され、さらにアジア・フィルム・アワードでは第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞した

2009年、第19回PFFスカラシップ作品として長編映画『川の底からこんにちは』を完成させると、第60回ベルリン国際映画祭正式出品され、モントリオールファンタジア映画祭では作品賞を受賞。さらに商業映画デビュー作にして第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(28歳)で受賞した

2013年9月、松田龍平主演の映画『舟を編む』(同年4月公開)が史上最年少(30歳)で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出された。同作では、第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞、芸術選奨新人賞(映画部門)など国内の映画賞も多数受賞。

2017年、最果タヒの詩集から石井が物語を作り出し映画化した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が、第91回キネマ旬報ベストテン 日本映画ベスト・テン第1位を獲得した。石井自身もアジア・フィルム・アワードで監督賞を受賞するなど様々な賞を受賞

私生活では『川の底からこんにちは』の主演を務めた女優の満島ひかりと約1年の交際期間を経て2010年10月25日に婚姻届を提出し結婚、「生活や価値観のズレ」から2016年1月に離婚した。同年5月に離婚が成立していたことが発表された。2018年春には、女優の相楽樹と婚姻届を提出し再婚、妻の相楽は同年内の第1子出産を予定している

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E8%A3%95%E4%B9%9F_(%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%9B%A3%E7%9D%A3)

相楽樹と石井裕也監督との馴れ初めとは?

お二人の出会いの時期はいつなのでしょうか?相楽樹さんには今まで彼氏の噂などがなかったことから、水面下で交際をされていたのでしょう。

旦那さんの石井裕也監督は女優の満島ひかりさんと2016年に離婚されています。

相楽樹さんとは、共通の知人を介して知り合ったとのことなので、離婚して元気がなさそうだった石井さんにどなたかが声をかけたのかもしれないですね。

相楽樹さんが今までに石井監裕也督の作品に出演したことはないようですが、過去に憧れの人に石井裕也監督を挙げており、

「日常を切り取ったような作品が好き。その世界が実在しているかのようなリアルな描写に、いつも感動している」「いつか一緒にお仕事させていただきたい」

と、このように語っていたようなので、知人というのは映画関係者の可能性もありますね。

相楽樹さんからすると憧れの石井裕也監督と結婚できてかなり嬉しかったのではないでしょうか?

そんな石井裕也監督の前妻は女優の満島ひかりさんですがどうして離婚されたのでしょうか?

石井裕也監督の離婚の理由は?

結婚当時満島ひかりさんは石井裕也監督の映画「川の底からこんにちは」に出演していました。彼の才能に魅力を感じて結婚し、当時の作品「舟を編む」も絶好調でしたが、その後の作品「バンクーバーの朝日」で不調になってしまって以来、ギクシャクし始めて離婚に至ったようです。お2人の間にお子さんはいませんでした。

実は、映画の不調意外にも、子供が欲しい石井裕也監督と当時仕事を優先したかった満島ひかりさんの間で気持ちのすれ違いがあったようです。気持ちが合わないと夫婦の時間も面倒なものになって来たりしますね。

再婚相手の相楽樹さんが既に妊娠してることからも、石井裕也監督はよっぽど子供が欲しかったのかもしれないですね。

そんな離婚歴のある石井裕也監督の再婚相手が相楽樹さんになるわけですが、12歳も年下の相楽樹さん、女優としてこれからだった矢先に突然のデキ婚発表ということで、世間からも批判があったようです。

相楽樹と石井裕也監督の結婚が批判される理由は?

女優の相楽樹さんと石井裕也監督が入籍し、相楽樹さんが第一子妊娠を発表したことが、当時波紋を呼んでいました。

相楽樹さんは6月21日に公式ブログで<私事ではございますが、この度石井裕也さんと入籍いたしました。 新しい命も授かることができ、現在は穏やかな日々を過ごしております。これからの人生を彼と共に過ごし、家庭を守っていきたいと思います>と報告しています。報道によれば、相楽樹さんは年内に出産予定で、すでに安定期に入っているとのことでありましたが、このブログ投稿はのちに削除されたのでした。何があったのでしょうか。

女性芸能人が結婚を公表するとき、マスコミ報道では「妊娠中」か「なお、妊娠はしていない」かのどちらかが明示されます。「なお、妊娠はしていない」の場合は“順番を守った正しい結婚”として認められますが、「妊娠中」の場合は批判にさらされることがほとんどです。相楽樹さんのケースも同様でした。

中学3年生の頃に芸能活動をスタートした相楽樹さん。2016年にNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でのヒロインの妹役を演じて知名度が上昇し、この秋にはヒロインを務めた映画『ふたつの昨日と僕の未来』が公開を予定しています。彼女が女優としてまさに「これから」という時期にあり、所属事務所が売り出しに力を入れていたことは察しが付きます。それゆえ、「週刊女性」2018年7月10日号(主婦と生活社)では、そんな相楽樹さんと石井裕也監督の結婚を「どこまでも祝福されないもの」として伝えていました。

同誌では、<交際から1年もたたないうちのデキ婚に、彼女の事務所は困り果てている>として、中学生の頃から大切に育ててきた相楽樹さんが交際当初から石井裕也監督との結婚を望んでいた上、前妻・満島ひかりさんとの結婚が失敗している石井裕也監督が相楽樹さんに“女優をやめろ”と迫ったことや、事務所サイドが相楽樹さんおよび石井裕也監督と話し合っている最中での妊娠発覚だったため、所属事務所から石井裕也監督への怒りは収まりそうにないことなどを関係者らの証言として紹介しています。

また、webサイト「週刊女性prime」では、<結婚はおめでたいものだが、その裏で、いろいろな難事が噴出することがある><今回の結婚について、不穏な空気を感じ取っている人たちがいる>として、予定していたスケジュールの変更なども含め相楽樹さんの所属事務所がいかに困り果てているかを伝えています。「自分勝手な二人に対して、事務所はかなり憤りを感じているそうです。彼女には何らかのペナルティが課される可能性もありますね」というワイドショースタッフの声も紹介し、<石井氏は女優として相楽が置かれている状況を解っていたはずなのに、結婚・妊娠という道を選んだ。これに対して事務所が怒るのも無理からぬ話だろう>ともあります。

また、相楽樹さんが所属する事務所の先輩である蒼井優さんが、この結婚にご立腹なのではとの噂です。蒼井優さんは岡田准一さん、瑛太さん、大森南朋さん、結婚直前で破局した鈴木浩介さん、三浦春馬さん、石崎ひゅーいさんなど、数々の男性と浮名を流していますが、事務所側から『突然のできちゃった結婚だけはしないで』と言われており、そこに関しては守ってきたはずです。事務所を支える稼ぎ頭の蒼井優さんにしてみれば、自分1人の肩にのしかかっていた重い荷を、将来性豊かな相楽樹さんと分かち合えると思っていたのに、できちゃった結婚という形で裏切られたような気分なのではないか、というのです」

参考:https://www.asagei.com/excerpt/107006

蒼井優さんが本当にそう感じているのかは不明ですが、突然のデキ婚報道には、世間も驚きましたし、これからどんどん売り出していく予定の相楽樹さんだったので、所属事務所の怒りは当然だと思います。裏を返せば、そういう事情を理解していたはずの旦那さんである石井裕也監督は、そこまでしてもお子さんが欲しかったのでしょうね。

旦那さんである石井裕也監督は幼少期にお母様を亡くされているので、そういう家庭的な部分への憧れというか、ご自身で早く築きたかったのかもしれません。石井裕也監督が家族を取り上げている作品も多く、「家族」にこだわりがあることが伺えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女優の相楽樹さんと石井裕也監督の結婚が批判される理由について調べてみました。突然のデキ婚ということ、これから売り出していく女優さんであったことなど様々な理由がありました。

元気な赤ちゃんを産んで、また女優復帰して活躍して頂きたいですね。

Advertisements

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宮沢りえがインスタグラムを辞めた理由とは?

女優の宮沢りえさん(44)さんが2017年12月5日までにインスタグラムのアカウントを削除しており、ネット上で悲しみの声が広がっています。 宮沢りえさんはこの1年ほど「V6」森田剛さんとの「熱愛」を報 …

タレントの上沼恵美子に別居報道!いよいよ離婚か?旦那との馴れ初めは?

タレントの上沼恵美子(63才)さんが、結婚41年目となる旦那さんと別居状態にあることが明らかになりました。 そんな上沼恵美子さんと旦那さんの馴れ初めについて調べてみました。 上沼恵美子プロフィール目次 …

イケメン俳優の大野拓朗がM-1グランプリに挑戦した理由とは?

駆け出しの女性検事の奮闘を描いたドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)で、吉高由里子さんが扮する主人公の恋人役を演じている大野拓朗さん。NHKの連続テレビ小説『わろてんか』での好演も記憶に新しい彼は、端正 …

紅蘭と逮捕歴のある彼氏との結婚の可能性は?

俳優・草刈正雄さんの娘で、タレントの紅蘭さんが1日、フジテレビ系で放送された「金曜プレミアム・梅沢富美男のズバッと聞きます!2」に出演しました。2型糖尿病に近い症状と診断され、通院していることを初告白 …

東尾理子が不妊治療で第3子妊娠するもアンチが多い理由とは?

タレントでプロゴルファーの東尾理子(41)さんが第3子を妊娠したことが7日、分かりました。ABCテレビの報道情報番組「キャスト」でご本人が生報告しました。 番組終盤には、東尾理子さんは「実は新しい命を …

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

スポンサーリンク