ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

ドラマ 芸能

相変わらず綺麗な女優の仙道敦子が23年ぶりに女優業に復帰した理由とは?

投稿日:

Advertisements

女優・仙道敦子(48)さんが、TBS系の7月ドラマ『この世界の片隅に』に、主人公・すず(松本穂香)の母親役で出演します。

そんな仙道敦子さんが女優業に復帰された理由について調べてみました。

仙道敦子プロフィール

  • 生年月日:1969年9月28日(48歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 血液型:B型
  • 身長:160cm
  • 職業:女優、歌手
  • 配偶者:緒方直人(1993-)
  • 所属事務所:研音

仙道敦子略歴

児童劇団ひまわりから、1980年東京12チャンネルの時代劇ドラマ『大江戸捜査網』に出演し、1981年、ANBテレビドラマ判決-生きる(9月24日、)でレギュラーデビュー。名子役と評される。以後、『積木くずし その後の娘と私たち』(テレビ・1985年 制作中止になる)、1984年に放送されたサントリーの炭酸飲料「サスケ」のCM、1986年に日本テレビで放送された連続ドラマ『セーラー服反逆同盟』の主演などアイドル女優としてテレビでも活躍する。

一方、軒並み大作映画や話題作に出演しており、特に、1982年度東映映画『鬼龍院花子の生涯』や、1983年『白蛇抄』では大物女優としての片鱗を見せ各関係者の大評判を得、『白蛇抄』出演により、1984年度日本アカデミー賞新人俳優賞、第8回くまもと映画祭新人女優賞を受賞している。

1984年には、15歳で歌手としてもシングル『青いSunset』で正式レコードデビュー。その声質と歌唱力にも定評があり、1987年までに、シングル4枚、アルバム2枚をリリースしている(ユニット等の企画盤シングル2枚を除く)。

1990年代には、TBSの連続ドラマ(『ホットドッグ』、『クリスマス・イブ』、『卒業』、『あの日の僕をさがして』、『徹底的に愛は…』など)に多数主演、またはそれに準ずる役で出演した。

1993年、俳優の緒形直人と結婚。芸能活動はほぼ休止状態であるが、中村由真のブログには仙道とのツーショット写真が掲載されている

2018年7月スタートの連続ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)で主人公・すずの母の浦野キセノ役を演じ、1995年放送の単発ドラマ『テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編』(同局系)以来23年ぶりで(連続ドラマでは1993年『徹底的に愛は…』(同局系)以来25年ぶり)女優復帰する

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E9%81%93%E6%95%A6%E5%AD%90

23年ぶりに女優の仙道敦子がドラマ復帰!

「1990年代、フジテレビのドラマに対し、TBSは当時の流行を取り入れながら、もう少し人間を描いたトレンディドラマを作りヒットさせました。そのヒロインが、今井美樹と仙道敦子です。仙道は結婚後は家庭に入り、表に出てきていないことが神秘性を増しています」(テレビ論が専門の社会学者・太田省一氏)

1993年に緒形直人(50)さんと結婚後、3人の子供をもうけ、仙道敦子さんは女優業を休止。長男の緒形敦(21)さんは、『陸王』(2017年)で俳優デビューを果たしましたが、夫の緒方直人さんは、近年ヒット作に恵まれていません。

「若いころに、大河ドラマ『信長』(1992年)で信長役を主演したことで、出演ギャラが上がってしまい、緒形直人は仕事選びに苦労しているようです。仙道さんが女優復帰を決めた背景には、こういう事情があったのかもしれません」(キー局プロデューサー)

昨今のブームが、彼女の復帰を後押ししています。

「最近、テレビ界では、ドラマ黄金期の女優を起用するのがブームなんです。斉藤由貴や鈴木保奈美などもそう。現在のテレビドラマ顧客層である40~60代の視聴者にとって、昔観ていた女優さんは思い入れと親しみがあり、好まれます。
さらにこういった女優さんは、知名度に対してギャラは1本30万~40万円と高くなく、テレビ局にとってもありがたい存在。母親役として戻ってくる仙道さんは、いまの視聴者のニーズにマッチしています」(同前)

最後のドラマ出演から23年、はたして仙道敦子さんご自身は何を思い、復帰を決意したのでしょうか?

仙道敦子が女優業に復帰した理由とは?

さて、仙道敦子さんと言えば1993年に緒方直人さんと結婚してからはほぼ女優業は休止状態になっていました。しかも、旦那さんである緒方直人さんもあまりテレビでお見掛けしていません。噂では、「貯金が底をついた」とか「仕事のない旦那のかわりに」とか言われているようですが、真相はどうなのでしょうか?

実は緒方直人さん仙道敦子さんご夫妻で、芸能活動をセーブしていたのは、夫の緒方直人さんの強い希望があったようです。

その背景には緒方直人さんのお父様であるあの名優の故緒形拳さんとの過去が関係していました。緒方直人さんが幼い頃、お父様の緒形拳さんは忙しくロケで日本中を飛び回っていました。

緒方直人さんが言うには、「家には殆どいなくて時々ロケ地から手紙が届き「元気だ」と書いてあった」「父親がいつも家にいないのは子供心に寂しい気持ちがあった」ということです。

そういう緒方直人さんご自身の背景があり「自分の子供たちには、そんな寂しい思いはさせたくない」と思い、仙道敦子さんとも話し合い、ご夫婦で仕事をセーブしてきたようです。

しかし、昨年長男の緒方敦さんがTBS系の連続ドラマ「陸王」で俳優デビューを果たし、長女も次男もおそらくは二十歳前後という年ごろになり、もうそれぞれ独り立ちに近い状態になったので、仙道敦子さんは芸能活動の再開を決断したということが真相のようです。

ご夫婦でお仕事をセーブされてきたようですね。子育てが一段落したのでお仕事を再開されたということなのでしょう。となると、旦那さんである緒方直人さんもテレビでお見掛けする機会が増えてくるかもしれないですね。

さて、仙道敦子が復帰するその最初が連続ドラマ「この世界の片隅に」での女優復帰となりました。

仙道敦子の復帰作はどんなドラマ?

「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの名作マンガです。「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞しました。

戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれています。コミックスの累計発行部数は120万部を突破しており、劇場版アニメが16年に公開され、ロングヒットを記録しました。女優ののんさんがすずの声優を担当したことも話題となりました。

また、ドラマの脚本は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さん、演出は連続ドラマ「カルテット」「逃げるは恥だが役に立つ」(ともにTBS系)の土井裕泰さん。作曲家の久石譲さんが、民放連ドラでは約24年ぶりに音楽を手がけます。7月からTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される予定です。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000029-mantan-ent

そんな仙道敦子さんの息子さんである緒方敦さんについてご紹介します。

仙道敦子の息子が「陸王」でデビューできた理由とは?

お父様が緒方直人さん、お母様は仙道敦子さん、おじい様が故・緒形拳さんという俳優一家の元に生まれた緒方敦さんですが、俳優デビュー作が「陸王」ということに驚きました。

TBSが力を入れるドラマ枠が「日曜劇場」と言われています。
それもこの枠で「半沢直樹」「下町ロケット」と大ヒットを記録した池井戸潤さん原作の「陸王」で、主人公・宮沢紘一(演:役所広司)の息子・大地(演:山崎賢人)の同級生という役どころを演じていました。この上ないデビュー作品に恵まれた環境と言えるでしょう。

新人とは言え、祖父も父親も母親も有名俳優となるとやはり待遇がいいのかな?と思われますよね。それに加え緒方敦さんが所属する事務所であるスターダストプロモーションが大きく関係していると言われています。

どうしてかと言うと、その事務所には、山﨑賢人さんが所属していて、芸能界ではいわゆる「バーター」と言われており、「山﨑賢人を出すから緒方敦もよろしく!!」みたいな感じで出演できたのでは?とも言われています。

「陸王」側としても、一つでもヒットにつながる要素は欲しいはずですから、芸能一家のサラブレットの緒方敦さんの出演は願ったり叶ったりですよね。ただ、最初はそういう機会が与えられたとしても、いくら芸能一家のサラブレットとしても、そうは甘くない芸能界ですから、やはり実力がないと残っていくことは難しい世界です。そういう意味でも緒方敦さんの今後の活躍に注目したいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

23年ぶりにドラマ復帰される女優の仙道敦子さんの復帰の理由について調べてみました。おそらく、3人の子育てに目途がつき、仕事再開という流れのようです。ご夫婦で子育て期間中はお仕事をセーブされていたようですので、旦那さんの緒方直人さんもお見掛けする機会も増えてくるのかもしれませんね。

親子共演があるとまた話題になりそうですね。今後の仙道敦子さんの活躍に注目です。

Advertisements

-ドラマ, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

back numberのボーカル清水依与吏に二股交際報道!そのお相手の女性はどんな人?

映画「銀魂2」やTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の主題歌を担当する人気ロックバンドback numberのボーカル清水依与吏(しみずいより・34)さん。プライベートを明かさない清水依与吏さんです …

2017年☆世界で最もハンサムな顔100人~ノミネートされた日本人は~

先日、2017年の「世界で最もハンサムな顔100人」に、三浦春馬さんがノミネートされたということが発表されました。 他の日本人の中からも、ノミネートされた方がいるとのことで、調べてみました! 「最も美 …

突如クドカンの舞台を降板した満島ひかりのわがままエピソードとは?

満島ひかり(32)さんが今年11月に開幕予定の舞台「ロミオとジュリエット」から降板すると報じられました。ご自身が企画した舞台を突如降板するとは前代未聞であります。 その理由は、体調不良、自信喪失、監督 …

あびる優と紗栄子は本当に親友なのか?

先週、写真誌「フライデー」にモデルとの不倫デートを報じられたタレント・あびる優(31)さんの夫で格闘家の才賀紀左衛門(28)さん。その才賀紀左衛門さんは、弁護士に相談していることを明かしたものの、離婚 …

中村仁美が結婚生活に不満爆発?鬼嫁エピソードとは?

2月14日放送の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に元フジテレビアナウンサーの中村仁美さんがゲスト出演しました。大竹一樹(さまぁ~ず)との夫婦生活について明かしました。 …

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スポンサーリンク