ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

健康 美容 食べ物

炭水化物ダイエットの危険性とは?

投稿日:2017-11-27 更新日:

Advertisements

30キロの減量に成功したお笑いタレントの松村邦洋さんがTBS系「名医のTHE太鼓判!松村邦洋は健康か 老化で顔が伸びる 50歳からの肉体改造」に出演し、ギャグセンスも減量したのはと、アンジャッシュ渡部から皮肉られました。

松村邦洋さんは110キロから80キロにダイエット成功しました。番組では松村邦洋さんの食生活などを詳細に取り上げました。松村邦洋さんは「豆腐がお米の代わりになってます。お米と一緒で豆腐は白いから、白米と思って食べたらけっこういける」とダイエットの方法を述べました。

8ケ月で30kgのダイエットに成功した松村邦洋さんの炭水化物ダイエット方法を調べてみました。

炭水化物ダイエットとは

炭水化物抜きダイエット効果がどれくらいなのか、いまいちわかりませんよね。

ただ言えることは、炭水化物(に含まれる糖質)を大量に摂取すると脂肪増加の原因となるので、それを抜くことでダイエットの効果は期待できる、ということです。

逆に効果が感じられない、もしくはリバウンドしてしまう理由は、炭水化物の抜き方が中途半端になっているか、痩せたあとに一気に炭水化物量を戻してしまっている、ということが考えられます。

炭水化物ダイエットの効果

脂肪が溜まりにくくなる

炭水化物(に含まれる糖質)を抜くことで、脂肪が溜まりにくくなります。なぜなら炭水化物(糖質)の過剰摂取は、脂肪が溜まる原因になるからです。

炭水化物に含まれる糖質を摂取すると、糖は筋肉(や肝臓)に運ばれます。そして筋肉に運ばれた糖は私たちの運動エネルギーとなります。ただ、過剰に摂取してしまうとエネルギーが余り、あまったエネルギーは脂肪へと変換されてしまいます。

そのため、脂肪に変換される糖(を含む炭水化物)を抜くことで、脂肪が溜まりにくくなります。それが一つ目の効果です。

脂肪が燃焼されやすくなる

2つ目の効果は、脂肪が燃焼されやすくなるということです。というのも、炭水化物(に含まれる糖質)を抜いてエネルギーが足りなくなった体は、脂肪をエネルギーとして使い始めるからです。

先ほども説明したように、炭水化物(糖質)は私たちの運動エネルギーになります。しかしその炭水化物を抜くとエネルギー不足になり、生活に支障が出てしまいます。そこで体は脂肪をエネルギーとして消費するようになります。

炭水化物ダイエットの危険性

炭水化物ダイエット方法は、「炭水化物さえ摂らなければ、あとは何をどれだけ食べても良い」という、とても簡単で夢のようなやり方です。ご飯や甘いものが食べられないというのは少々キツいですが、他のものならお腹いっぱい食べられるので続けやすい方法ですね。

やり始めると実際に体重が落ちて効果が目に見えるので、高い人気があるようです。

しかし実際はとても危険なダイエット方法で、5大栄養素の一つである炭水化物を抜くことで体に様々な不良を起こしてしまいます。炭水化物という栄養素は他の栄養素と同様に、「体にとって必要なもの」なのです。

また肌や髪の美しさも失い、便秘がちになり、挙げ句の果てには太りやすい体質になってしまうという副作用を併せ持っています。

炭水化物ダイエットの危険な副作用

炭水化物ダイエット方法は危険とお伝えしましたが、それはいろんな副作用があるからです。

脳が働かない

炭水化物は脳で使用されるエネルギーです。不足すると脳が働きません。

頭がボーッとしたり、悪い場合は脳機能障害を起こしてしまいます。また、イライラしてストレスが溜まります。

お肌や髪も栄養不足

またエネルギー不足の解消のために、脂肪からだけでなく、体の中にあるタンパク質からも分解してエネルギーを得ようとします。そのためタンパク質でできている肌や髪は十分な栄養を得ることができず、美しさを失ってしまいます。

もちろん肌や髪など「目に見える部分」だけではありません。私たちの身体は、水分を除けば殆どがタンパク質でできています。

ケトーシス状態に

炭水化物を食事から抜くとブドウ糖が不足し、脳が働けなくなります。もし脳が停止したら、死んでしまいますよね?この危機を回避するために、脂肪から「ケトン体」という物質を作り出します。ケトン体は脳のエネルギー源として使うことができるので、これでなんとか命をつなぎ止めることができます。

問題はこの「ケトン体」です。ケトン体が血液中に多い状態を「ケトーシス」といい、身体にとっては好ましい状態ではありません。

口臭や体臭がにおう

ケトン体はツンとした嫌なニオイがする物質で、体臭や口臭がキツくなってきます。

健康維持の妨げ

最も危険視されるのは、体の健康維持の妨げとなってしまうことです。

血液は普段、弱アルカリ性に保たれているのですが、ケトーシス状態になると血液が酸性に。するとウィルスや細菌などから身体を守る免疫機能が低下したり、癌をはじめとする様々な病気にかかりやすくなるといわれています。

ちなみに、このダイエット方法の原形を作った医師であるロバート・アトキンスさんは自らもアトキンスダイエットを実践していましたが、転んだだけで骨折し骨密度65%の骨粗鬆症と判明、死亡時には心臓病を患っていたそうです。

やめるとリバウンド

このダイエットは病気や体調不良など様々な理由で、続けることが困難になってきます。いつかはやめざるを得なくなる時が来るのです。

すると、すっかり太りやすくなった体はどんどん脂肪を蓄えます。炭水化物抜きダイエットを始める前よりも太ってしまう結果になってしまうかもしれません。

正しい炭水化物ダイエット

主食は抜かずに減らす

炭水化物は抜いてはいけません。野菜などにも少しは含まれているので、それで十分ではという考え方もありますが、それでは栄養のバランスが悪いです。少しでもいいので、主食となるご飯やパンは食べるようにしましょう。

抜くなら砂糖やパンを中心に

砂糖はもちろん、小麦を「粉」にした食材は吸収が速く、血糖値が急上昇しやすいです。すると摂取エネルギーに「余り」が出て脂肪になりやすいです。

炭水化物を多く含む食材を減らすなら、砂糖を使った食品や、穀類を「粉」にした食材は摂らないようにして、ニンジンやジャガイモ、ご飯など栄養価も高く消化吸収が「速くない」食材は「減らしすぎない」ようにしましょう。

食事は1日3回以上

1日に食べる量が同じなら、1回でも3回でも同じではありません。

特に糖質(炭水化物)は、一度にたくさん摂ると余って脂肪になります。足りないと身体が悲鳴をあげます。ですので、糖質(ブドウ糖)が血液中や貯蔵庫(肝臓)から枯渇しないよう、また余りが出ないよう、少しずつこまめに摂るといいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

炭水化物ダイエットは一見すぐに体重が減るので効果がありますが、やはり5大栄養素の1つである炭水化物を抜くというのは危険性が伴い、副作用も出てきます。

ダイエットは栄養バランスの取れた食事と、適度な運動と規則正しい生活を心がけて継続していくことが一番の近道かもしれません。

 


Advertisements

-健康, 美容, 食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「香害」の健康被害の実態は?

柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどの強い香料によって体調が悪化する「香害」。NPO法人「日本消費者連盟」(日消連)が2017年の夏、2日間にわたって「香害110番」を実施したところ、全国から213 …

マイクロトマトが健康に良い理由とは?

11月24日の「超問クイズ!真実か?ウソか?」(日本テレビ 金曜 後7・56~)が、”年に1度のチャンピオン大会”を放送しました。 生活情報から雑学、芸能ネタまで幅広いジャンルからクイズを出題します。 …

アカモクで健康!~内臓脂肪を減少させる~

2017年9月26日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では「内臓脂肪を減らす(秘)海藻&ご長寿ホルモン」というテーマで放送されました! 食生活の欧米化や、運動不足、加齢によって内臓脂肪や肥満が問 …

箱根駅伝で話題になった「ぬけぬけ病」が長距離ランナーに多い理由とは?

第94回箱根駅伝で、青学大が総合4連覇へ向けて選手が快走を続ける中、日大陸上部時代に箱根駅伝に出場した経験を持つ俳優・和田正人(38)さんの専門的内容のツイッターがトレンド入りしました。 話題を集めた …

歯列矯正している芸能人は?顔が変わるって本当?

日本テレビ系で10月7日(土)に放送された「マツコ会議」は、高級デンタルクリニックから中継しました。マツコデラックスさんは、実は3年間歯列矯正をしていることを告白しました。 本番組は”話題の現場”から …

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサーリンク