ありったけニュース

最新の芸能ネタから時事ニュースなど様々な情報を提供していきます。

スポーツ ニュース

練習の虫だった宇野昌磨選手が身長が低い理由とは?

投稿日:

Advertisements

初めての五輪を、他と変わらない一つの大会ととらえて無心に戦い抜いた宇野昌磨選手。2006年トリノ五輪女子金メダルの荒川静香さんと同じ演目の「トゥーランドット」を演じきりました。その結果、転がりこんできたのは、欲を示していなかったメダルだったのです。

そんな宇野昌磨選手の身長が低い理由について調べてみました。

宇野昌磨プロフィール

  • 生年月日:1997年12月17日(20歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:159cm
  • 所属クラブ:トヨタ自動車

宇野昌磨略歴

2009-2010シーズン、全日本ノービス選手権で優勝し、全日本ジュニア選手権に初出場し3位となる。

2011-12シーズンよりジュニアグランプリ (JGP) シリーズに参戦。初戦のバルティック杯では4位。続くタリン杯では3位となり、2戦目にしてJGPシリーズで初のメダルを獲得。

2012-13シーズン、JGPブラエオン・シュベルター杯で2位。全日本ジュニア選手権では2位。

2013-14シーズン、JGPリガ杯で3位。全日本ジュニア選手権2位。

2014-15シーズン、アジアフィギュア杯で4回転トウループを初成功させ優勝。続くJGPシリーズの2大会でも4回転トウループを成功させ、クロアチア杯ではJGPシリーズ初優勝を果たす。シリーズのポイントランキング2位の成績で、自身初のJGPファイナルへの進出を決めた。全日本ジュニア選手権では3回転アクセルを初めて成功させ初優勝を果たした。

2015-16シーズン、シニアクラスへ移行。ジャパンオープンでは参考記録ながらも185.48の高得点をマークし男子個人で1位。チーム日本の優勝に貢献した。グランプリシリーズに初参戦し、スケートアメリカで銀メダルを獲得した。エリック・ボンパール杯ではグランプリシリーズ初優勝を飾った

2016-17シーズン、初戦のロンバルディア杯で優勝。ジャパンオープンでは、参考記録ながら200点に近い198.55点をマーク。チーム日本の優勝に貢献した。四大陸選手権では、SPで史上4人目となる100点台をマークすると、FSでは試合で初挑戦となる4回転ループに成功し、フリップ、トーループもまとめ、自身初の3種類4本の4回転ジャンプを着氷に成功したが、トリプルアクセル2本とも失敗。総合では自己ベストの288.05点を出したが、さらにミスの少なかったネイサン・チェン、羽生結弦には届かなかったものの総合3位。ISUの選手権大会では初の表彰台となった。2週連戦となる札幌冬季アジア大会ではSP2位発進。フリーで188.84点、合計281.27点で逆転優勝を飾る

2017-2018シーズンを前に、2017年6月1日にトヨタ自動車 に入社した

平昌オリンピックでは、ショートプログラムでは最初に4回転フリップを成功、後半に4回転と3回転の連続トーループを決めた。トリプルアクセルでは着氷で乱れかけたもののこらえ、1位の羽生結弦に約7.5点差、2位のハビエル・フェルナンデスに約3.5点差離れた104.17点で3位に付けた。フリーでは冒頭の4回転ループで転倒したものの、4回転フリップは成功、3回転ループも決めた。後半、4回転と2回転の連続トーループは2本とも着氷が乱れたが、イーグルからのトリプルアクセルや最後の4回転となったトーループは成功、さらにトリプルアクセルからの3連続ジャンプ、サルコーとトーループの連続ジャンプを決め202.73点、最終順位でフェルナンデスを1.68点上回る306.90点で銀メダルを獲得した。なお、同時に羽生が金メダルを獲得したため、複数選手の同時表彰台がフィギュアとしては日本初となった。またワンツーフィニッシュも、冬季五輪の日本代表として1972年札幌オリンピックのスキージャンプ70m級、笠谷・金野・青地の表彰台独占以来46年ぶりの快挙である。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%87%8E%E6%98%8C%E7%A3%A8

練習の虫だった宇野昌磨選手

宇野昌磨選手が、スケートを始めたのは5歳の時でした。スケートリンクに遊びに行った際に、10年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央さんに誘われ、スケートを始めました。

実は、宇野昌磨選手は遅咲きの選手です。今では世界で最も多く4回転ジャンプを跳ぶ選手の一人とされていますが、元々定評があったのは踊れるセンスでした。一方で、今や武器となっているトリプルアクセル(3回転半)は、ジュニア時代は長い間跳べず、ようやくマスターしたのは14年のことでした。15歳でシニアの大会の出場資格を得ても、しばらくはこのジャンプ抜きで戦わなければならなかったのです。

宇野昌磨選手がもう一つ武器としている4回転トーループは、トリプルアクセルよりは少し早く習得したが、他の世界トップレベルの選手と比べると遅い部類でした。14年夏、指導を受けたアンソニー・リュウ・コーチやイリヤ・クーリック・コーチから、4回転トーループについてアドバイスを多くもらいました。その教えを何度も繰り返し、自分なりに一番やりやすい跳び方を見つけたのです。それによってトリプルアクセルにも新たな気持ちで取り組めるようになり、ある日、跳べるようになったといいます。

跳べなかった時期は大会でもなかなか上位に進めず、つらくて涙を流したのは数え切れないほどでした。だから、跳べた時の喜びは大きかったのです。宇野昌磨選手は「アクセルが跳べるようになって、うれしかったし、上位で争えることが楽しかった。努力が実るのがうれしかった」と述べています。これまで「頑張らなきゃ、やらなきゃ」と義務感を感じていたのが、「頑張ろうって思えた」という意欲に変わった瞬間だったようです。

だから、今では練習の虫です。「自主的に練習するようになったのはここ数年。それまではやらされていた」と自らも認めています。周りが止めるまでひたすら練習することもあったそうです。

宇野昌磨選手の強さは、もともとダンスの上手さに加えて、豊富な練習量と努力の賜物ですね。

宇野昌磨選手のインタビュー

五輪初出場の宇野昌磨選手がフリーで202・73点をマークし、トータル306・90とし、ショートプログラム(SP)で2位につけていたハビエル・フェルナンデス(スペイン)を逆転し、銀メダルを獲得しました。

3種4本の4回転ジャンプに挑み、冒頭の4回転ループで尻もちをついたものの、最後まで若々しい演技で表彰台をつかみました。

そんな宇野昌磨選手、フラワーセレモニーを終え、にこやかな表情でインタビューに応じています。「僕は全部の演技を見ていましたので、どういう演技をすればいいのか分かっていました。完璧な演技をして完璧な点数をとれば良かったんですけど、1個目のループに失敗して笑えてきました。もう、頑張ろうと、笑いが込み上げてきました」。途中でせき込み、インタビュアーから水を飲むよう促されてのどを潤し、笑顔も見せながら屈託ない表情でした。

そんな宇野昌磨選手ですが、身長が低いと言われており、病気なのではという噂があります。

宇野昌磨選手の身長が低い理由とは?

宇野昌磨選手、ここ数年であどけない少年から一気に男らしさが増して演技も魅力的になりましたよね。

一方で、宇野昌磨選手の身長が伸びないのは病気のせいではないか、という噂があると言われています。

宇野昌磨選手の現在の身長は159cm、ちなみに日本人男性の平均身長は171cmと言われているので、平均よりも10センチ以上低いこととなります。

宇野昌磨選手の身長の変遷を調べてみたところ、

  • 2009年:140cm
  • 2012年:149cm
  • 2014年:159cm
  • 2018年現在:159cm

という身長変遷であることが分かりました。2014年から身長が全く伸びていないことがわかりますね。既に成長期は終わってしまったということなのでしょう。

一口に身長が低い病気といっても色々ありますが、代表的なのはホルモンの分泌異常や骨・臓器などに代表される先天性の異常などが疑われます。逆に病気ではない低身長の症状としては、家族の遺伝や体質による症状です。

では宇野昌磨選手の場合はどうなのでしょうか?

確かに宇野昌磨選手の身長は低いですが、何らか先天異常などの病気を推察するほど小さい訳でもなく、先天異常があればハードな練習なども難しいと思われることから結論としては宇野昌磨選手の身長は病気ではなさそうです。噂には宇野昌磨選手のお父さんも背が低いそうで、弟の宇野樹君も165cmということから、単に身長が低いのは宇野家の体質的な遺伝の可能性が大きいと思われます。

宇野昌磨選手の弟もイケメン

宇野昌磨選手の弟の宇野樹くん、とあるバラエティ番組に一緒に出演したこともありました。実際に二人並んでみると顔も雰囲気もよく似ていて、まるで双子みたいと話題になっったようです。

いかがでしょうか。たしかに宇野昌磨選手と弟の宇野樹くん、目元だけではなく鼻や口といったパーツもねあわせて顔も雰囲気もそっくりです。

そんな二人はかなり仲良し兄弟だそうで、宇野昌磨選手は弟の樹くんからは「昌磨!」と呼び捨てにされています。4歳の年の差を感じさせないほど仲良しということでしょう。

また、宇野兄弟二人の身長差も気になります。以前テレビ番組に出演した際には、ちゃんと身長差も明らかになっていました。

宇野昌磨選手の身長は159cm、弟の宇野樹くんの身長は165cmだそうで、その差は6cmです。モデルでもある弟の宇野樹くんの方が身長が高いようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

宇野昌磨選手の身長について調べてみました。男子のフィギュアスケートで日本人が2人表彰台にあがるのは初めてだそうです。また宇野昌磨選手はインタビューで、特にオリンピックということは気にせずにいつもの試合という風な発言や、最初に転倒した際には、笑えてきた、という独特な表現には少々見ていたこちらが驚きました。完璧な演技をしていたら1位を取れるという自信もあったようなので、また4年後が楽しみな宇野昌磨選手ですね。今後の活躍に注目です。

Advertisements

-スポーツ, ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カンヌ国際映画祭で話題の映画に出演している子役の城桧吏の演技力とは?

第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で最高賞パルムドールに輝いた是枝裕和監督(55)の「万引き家族」(6月8日公開)に出演している子役の城桧吏(じょう・かいり、11)くんに注目が集まっていま …

元サッカー選手の武田修宏が結婚できない理由とは?

元サッカー日本代表でタレントの武田修宏(51)さんが11日、カンテレ「快傑 えみちゃんねる」に出演し、元宝塚トップスターの紫吹淳(48)さんと初デートをしたことを明かしました。「思った以上に優しくてい …

息子の優一のタレント業で対立していた?花田光司と河野景子の離婚理由とは?

大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)と、元フジテレビアナウンサー河野景子さん(54)の離婚を巡り、景子さんの芸能活動への意欲が一因になったことが27日、分かりました。 靴職人で長男花田優一 …

また疑惑勃発!ハシケンこと「橋本市議」とは?

今年は、毎日「不倫」ネタを耳にしているほど豊作の年です。 そんな「不倫」ネタは、そろそろお腹いっぱいの状態ですが・・・。 「不倫」だけではなく、政務費活動まで疑惑の目が向けられた、橋本市議。 今回のこ …

箱根駅伝で話題になった「ぬけぬけ病」が長距離ランナーに多い理由とは?

第94回箱根駅伝で、青学大が総合4連覇へ向けて選手が快走を続ける中、日大陸上部時代に箱根駅伝に出場した経験を持つ俳優・和田正人(38)さんの専門的内容のツイッターがトレンド入りしました。 話題を集めた …

2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク